GraphicRiver

NPO法人難病支援ネット北海道編

全国難病センター研究会 第18回研究大会(群馬)
シンポジウム形式で実施

日本の患者会を編集・発行している「特定非営利法人難病支援ネット北海道」とはどういう団体なのか、どのような活動をしているのかを紹介しています。


日本の患者会 掲載機関紙誌提供のお願い

私どもの団体は、日本難病・疾病団体協議会(JPA)代表の伊藤たておを中心に、難病患者、医療・福祉の専門職などが加わって2006年12月に設立した非営利団体です。難病患者に関する調査、出版、患者団体への支援及び患者家族への個別支援などの活動を行っており、活動の中心として「日本の患者会編纂プロジェクト」という事業を行っております。


特定非営利活動法人 難病支援ネット北海道活動資金ご協力のお願い

難病支援ネット北海道は、2007年7月に設立し、難病等の患者団体が数十年間活動してきた貴重な資料を日本の患者会として編纂し、ウェブ上で提供することを目的として活動しております。その他に患者会支援、研究参加、情報発信など、難病に関する様々な活動を行っております。2011年1月に特定非営利活動法人として登記し、活動を更に広げております。

これらの活動の支援のために資金のご協力をいただきますようお願い申し上げます。


ななかまど通信

発行された「ななかまど通信」は以下のボタンや表紙画面より閲覧することができます。